キレーション療法

キレーション治療

キレーションは50年ほど前に、炭鉱労働者の鉛中毒を治療するために開始されました。アメリカの研究では、鉛中毒の症状が軽快しただけでなく、高血圧や糖尿病、動脈硬化なども改善したことから、キレーション治療が盛んにおこなわれるようになりました。キレートの語源は、カニのハサミです。キレート剤は、カニがハサミで物を挟むような形で重金属と結合する薬剤なので、キレーション 剤を点滴することで、有害な重金属が体外へ排出するのを促します。

日本人はよく魚を食べますし(後述)、また、排気ガスやたばこの煙からと、知らない間に少しずつ、体の中にこれらの有害な重金属は溜まってきます。また、これらの有害な重金属は粒子が大きく、汗など身体からの排泄物で自然に排出されずに蓄積されてしまいます。それで重金属を効果的に排出する治療法として、キレーション療法が応用されるようになりました。しかしながら、キレーション療法は、日本の保険医療ではキレーション療法が適応されず自費診療となっています。


一般的に体内に鉛や水銀などの有害金属が蓄積すると下記のような症状が現れることがあります。
● 慢性疲労、疲れやすい、スタミナ低下
● 冷え症、肩こり、めまい、しびれ、うずき
● イライラや集中力の低下、キレやすい、頭がぼーっとする
● 抑うつ症状、うつ、自閉症、情緒不安定
● 頭痛、頭重感、目の疲れ
● 肌荒れ、皮膚炎、アレルギー症状
● 手足等のむくみ、筋肉や関節の痛み
● 腸の不調、腹部膨満感、ガス、げっぷ
● 痩せにくい、メタボリック症候群
● 口臭、口内炎、歯周病、体臭
● 貧血、傷口が長く治らない
● ED 等

キレーション療法(Ca-EDTA)の目的

(1)有害重金属除去:重金属(鉛、水銀、砒素、カドミウム、タリウム、クロム、ニッケル、スズ、アルミニウムなど)の蓄積によりガン、高血圧、全身 倦怠やアレルギーなどが引き起こされている患者が対象になります。
(2)活性酸素除去
(3)動脈硬化改善


重金属(ミネラル)検査とは?

毛髪は便や尿、汗と同じく人間の大切な排泄経路の一つです。毛髪ミネラル検査とは、そこで毛髪に含まれる重金属やミネラルを測定し、その排泄量から重金属蓄積や排泄能力、ミネラルバランス、腸内環境を推測し、体内にどれほどの有害重金属が蓄積されているかを調べる検査です。


水銀、アルミニウム、カドミウム、ヒ素、鉛、ニッケル、ベリリウムなどの有害重金属は、食事、水、空気、日用品などから体内に取り込まれ、多彩な症状を引き起こし、老化や体調不良、様々な病気の原因となっています。その中でも水銀による身体への影響は大きく、原因不明の体調不良や症状は水銀被曝が原因であることも多いのです。水銀は、銀歯(アマルガム)、ワクチン、魚介類などから知らず知らずに体内に取り込まれているのが実情です。とくにマグロ、クジラなどの刺身を好んで食べる日本人の水銀の蓄積量は欧米人に比べて2〜6倍も高いと言われています。

毛髪重金属(ミネラル)検査を特におすすめする方

糖尿病・動脈硬化と診断された方、またはそのリスクを持たれている方
魚介類を摂取する機会の多い方
喫煙者、銀歯の治療が多い方
妊娠を希望されている方
体内に含有されているミネラル量を知りたい方など

当院は毛髪ミネラル検査だけの実施だけでも可能です。


キレーション治療前の検査方法について

当院では、金属デトックスの予防・改善を治療の目的にキレーション治療行います。
そのため、キレーション治療を実施する前に身体の中に蓄積している有害重金属の量を調べる検査を必ず実施します(別途13,000円)。当院では動脈硬化の改善(Na-EDTA)を目的としたキレーション療法は実施しておりません。

キレーション治療の実際

1)有害金属に対するキレーション治療
有害金属の体内蓄積改善を目的としたキレーション治療では、Ca-EDTAというキレート剤を用いた点滴治療になります。Ca-EDTAの点滴時間は、1回おおよそ45〜60分ほどです。
体内の有害重金属は1回のキレーションではすべてを排出できません。したがって、キレーションは、週に1〜2回のペースで行います。10回を1クールとして、2クールを実施します。2クール実施後、有害重金属の蓄積量を再検査します(別途13,000円)。なお、2クール後は、月に1〜2回ほどの維持治療を行います。

あくまで目安であり、治療回数や頻度については受診の際に患者様の状態に合わせご提案して決めていきます。 有害金属による各種症状が改善または消失した場合、あるいは概ね体内の有害金属が減少したと認められる場合に治療の終了を検討します。

治療後はビタミンやミネラルの補給を

キレーション中に一時的に血糖値が低くなることがあるため、キレーション後は、チョコレートやクッキーなどエネルギーの高い糖質のものを多く摂るようにお願いします。また、キレーションは、亜鉛、鉄、マンガンなどの必須ミネラルも排泄させてしてしまうので、サプリメントでビタミンやミネラルを補給するようにしてください。サプリメントについては、ドクターズサプリメントがご案内できますので、医師にご相談ください。

キレーションが受けられない人

キレーション治療は、人工透析を受けているなど、腎機能が弱っている人(中等度以上)は受けることができません。その他、キレート剤や使用薬剤に対し、過敏性のある方、心不全の方・抗凝固剤の内服を行っている方、進行中の肝臓疾患の方、糖尿病のコントロールが悪い方も実施しておりません。また、原則的に未成年者、妊娠中の人も受けられません。持病がある人は、必ず担当医とご相談ください。

キレーション療法が有効な病変・期待される症状の改善のリスト

動脈硬化症/心冠動脈疾患/末梢血管疾患/関節炎
高血圧、脳梗塞や心筋梗塞、その他の心臓疾患
細胞の抗加齢(アンチエイジング)
多発性硬化症/パーキンソン病/アルツハイマー氏病 視覚・聴覚・嗅覚障害/側副血行の増加/血液粘度(血液ドロドロ度)の低下
細胞膜の機能の改善/細胞内器官の機能の改善/動脈の攣縮(れんしゅく)の軽減
フリーラジカル産生を減少/老化の進行を抑制/狭心症の減少/壊疽の改善
皮膚の色の改善/糖尿病性潰瘍の改善/筋肉運動の改善/精力回復
有害金属の蓄積が原因となる様々な症状 ※

注意事項

キレーション点滴前には食事をしっかり摂ってください。また点滴前後では、水分を多めに摂取してください(最低500ml程度)。
キレーション治療中はサプリメントを内服していただく必要があります。
キレーション治療後に、尿から金属臭がすることがあります。これは有害金属が排泄されている証拠ですので、ご安心ください。
キレーション治療を行うにあたり、腸内環境が悪い方や必須ミネラルが著しく不足している方については、まず先にサプリメントを服用していただき、事前にお腹のケアを整えた上で、キレーション治療を開始する場合があります。

まとめ

キレーションとは、キレート剤を点滴することにより、身体の中に溜まった有害重金属や活性酸素、動脈壁に溜まったカルシウムなどを体外へと排出する、医療機関で行なわれる治療です。身体の中に有害重金属が溜まると、やせにくい、疲れやすい、めまい、冷え症、ストレス、不眠、肩こり、加齢に伴う皮膚のタルミ・シワ・シミ、記憶力低下、高血圧、神経障害、免疫力低下、関節炎といった症状が起こることが分かっているため、体内の有害重金属をキレーションで排出すると、これらの症状改善が期待できます。
 


キレーション療法の費用

価格:1.5000円


お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ