冷え症外来冷え症

冷え症の定義

当院の冷え症の定義は、

「冷えを自覚している」とし、
広義を設定する際に理学所見を用いています。

 

当院では、冷え症は「体質」ではなく、「疾患」としてとらえ、
予防医療への導入・積極的な治療への提案をさせていただいております。

 

 

【冷え症の分類】

①末梢循環不全型

②新陳代謝低下型

③内蔵型

④自律神経型

 

冷え症は、寒い冬場の時期の冷え症だけをイメージしますが、
夏でもクーラーを「ガンガン」かけている職場・家庭環境においては、
夏の冷え症も存在します。

冷え症の評価

足先の体温が低い
足先の体温が低い
足先の体温の改善
足先の体温の改善

【自覚的(主観的)冷え症】

①手先・足先が冷たい

②手先・足先は冷たくないが、体の寒さを自覚している

③日常生活で支障をきたしている

 

①はもちろん、だれでも冷え症と理解できますが、

②を理解されることは難しいです。

よくある事例としては、夏場の熱い時期に

同じ部屋にいた人が汗をかいても、

一枚羽織る必要がある。もしくは、ひざ掛けが必要なほど寒さを感じる場合があります。

 

 

【客観的冷え症の検査】

客観的に評価する冷え症の場合,
①VAS(Visual Analogue Scale)スケール
0(全く困っていない)~50(どちらでもない)~100(とても困っている)
アンケートにて評価を行います。

 

②サーモグラフィー
一般的によく使われている検査方法のひとつです。直観的に評価できます。

 

③KSG面積比率
その他、当院では、KSG面積比率(*1・ 2)を用いて
冷え症を数値化しています。
測定は、特別な検査ではなく血圧測定と同時に測定しますので、
患者さん自身の負担がなく検査が終わります。

 

④採血検査
潜在的な甲状腺機能低下症が考えられ得る時、

更年期障害(男性・女性)の時などに採血検査の実施を検討しています。

 

⑤精神的なストレス


男性型冷え症

冷え症は、西洋医学での「疾患」としては存在せず、

東洋医学では、病気にあらず「未病」として分類されています。

 

最近は男性の冷え症についてもテレビで特集されることもあることから、

少しずつ男性にも認知されてきていますが、

それでも、年齢の高い男性には理解されることがまだまだ少ないです。

 

当院では、冷え症診断・治療に力を入れております。

ぜひご相談ください。


お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ