一般内科高血圧症

高血圧・高血圧症

高血圧のリスク

高血圧は脳出血と脳梗塞に共通の最大の危険因子で

研究では、

収縮期血圧160mmHg以上の患者の脳梗塞の発症リスクは3.46倍、

拡張期血圧95mmHg以上では3.18倍と報告されています。

 

医療機関では血圧が高くなる患者さんが多いので、

当院では家庭血圧を付けるようにお願しています。

当院の特徴


 

当院では、両腕の血圧を同時に測定する器械を用いて測定を行います。

左右の血圧の差(血圧較差)が20mmHg以上ある場合は、

動脈硬化による血管のつまりが

どちらかの心臓から腕の間に存在すると報告されています。

 

臥位(寝ている状態)で測定する検査もありますが

通常は、診察室で座った状態で血圧測定を行います。


両腕の血圧較差の報告

 

1802例の両腕の血圧較差の測定を行い報告した結果になります。

血圧較差≥10mmHg以上の患者さんはさん、全体の14.6%いましたが

血圧較差≥20mmHg以上の患者は、全体の1.3%でした。

血圧較差≥20mmHg以上の患者の精密検査まで行いましたが

有意な狭窄は認められず大事に至りませんでした。

収縮期血圧(右−左),mmHg
収縮期血圧(右−左),mmHg
お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ