メディカルダイエット外来東洋医学

東洋医学的視点

漢方薬について

漢方医学では、

気血水(き・けつ・すい)の概念から、漢方薬の処方を考えます。

 

:気とは体のエネルギーで、西洋医学的に言えば、メンタル・精神を示します。気の障害(気虚、気逆)があると、ストレス太りのタイプになります。

:血は文字通り、血液を意味します。血の障害(血虚、お血)では、血液の巡りが悪いために、太りやすくなるタイプになります。

:水は血液以外の体液で、リンパ液等が当てはまります。水の障害(水毒、水滞)では、体内に不要の水がたまり、体の循環が悪くなることで太るタイプになります。

 

 

 

*市販の漢方薬では、安全性のためから、有効成分が半分量になっています。

自分の証(体質)とあった漢方について、医師とご相談ください。

 

*当院の漢方薬の処方は、保険診療で対応できるため、保健証が必要となります。

 

漢方薬と太りのタイプに対する処方

「ストレス太り」タイプに対する漢方薬

精神を安定させ、ストレスによる過食を抑える効果があり、さらに、代謝を上げることでダイエット効果もある。

・柴胡加竜骨牡蛎湯、半夏厚朴湯

 

「血行不良の太り」タイプに対する漢方薬

血行不良になると、体の血液の巡りが悪くなることから、代謝が落ち、老廃物がたまると、体に脂肪がたまり太る。漢方では、駆血剤になる。

・桃核承気湯、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸

 

「水の太り」タイプに対する漢方薬

体に余分な水分がたまると体がむくみ、さらには血液の流れを妨げて、代謝も落ちるため太る。漢方では、駆水剤になる。

・防己黄耆湯、五積散

*)イメージ的には、ぶよぶよしたお腹に効く

 

その他

「堅太り」タイプに対する漢方薬

コマーシャルで有名な漢方薬として知られている。

・防風通聖散、大柴胡湯​​

*)イメージ的には、メタボのような張り出したお腹に効く

 

「冷え症」タイプに対する漢方薬

冷え症は、代謝機能が全般的に低下しますので、太りやすくなります。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯、桂枝茯苓丸、加味逍遥散

(当院では、KSG面積比率を用いた冷え症診断を無料で行っております。)

 


メディカルダイエット

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ