点滴療法グルタチオン療法

グルタチオン療法

日本ではあまり知られていないグルタチオン療法ですが、

アメリカではパーキンソン病患者の機能改善と、病気の進行を遅らせるための治療として多くの施設で行われ ています。

グルタチオン療法は、パーキンソン病に対する治療のほかに、

抗がん剤に対する神経障害、閉塞性動 脈硬化症、デトックスなどに有効とされています。

 

疲労回復や健康維持には、にんにく注射、マイヤーズ・カクテルや高濃度ビタミンC点滴をお勧めしています。

 

 

パーキンソン病の治療は、

専門の先生でも、いろいろ試しながら薬を選択していきますが、

完治させることは難しく、症状の悪化を食い止めるだけ、というのが現状です。

少なくとも、症状の悪化は明らかに遅らせることができ、様々な飲み薬を試している時間は省けると言えるでしょう。

 

グルタチオンとは

【グルタチオンの抗酸化作用】

活性酸素・フリーラジカルを直接的に捕捉することによって現れる場合と、グルタチオンペルオキシダーゼなどの基質として作用し脂質過酸化物を分解する場合の2つ があります。直接的な抗酸化作用としては、ヒドロキシルラジカルと速やかに反応し、消去します。

グルタチオンペルオキシダーゼは、グルタチオンを基質として、過酸化水素や脂質とヒドロペルオキシドを還元し、 安定な水やアルコールに変えます。この反応で酸化型グルタチオンができるのですが、 NADPH依存性還元酸素によって、還元型に戻されます。

 

グルタチオン点滴療法の適応

① 抗酸化・アンチエイジング

    パーキンソン病・記憶障害・アルツハイマー病・脳梗塞・多発性硬化症

② 動脈硬化

    心不全・腎不全・糖尿病・閉塞性動脈硬化症・動脈硬化症

③ アレルギー・免疫疾患

    湿疹・皮膚炎・蕁麻疹・気管支喘息

④ 解毒・デットックス・薬物中毒・アルコール中毒

⑤ 美白(紫外線によるメラニン合成を強力に抑制)

⑥ 抗がん剤・放射線治療による副作用を軽減・シビレ・白血球減少

⑦ その他

    肝炎、肝硬変、 脂肪肝

    膵炎

    気管支喘息、COPD、間質性肺炎

    関節炎

    慢性疲労症候群、線維筋痛症

    過敏性腸症候群

    白内障、緑内障

グルタチオン療法におけるQ and A

グルタチオンとは何ですか?

グルタチオンとは、人間の体内に広く分布するアミノ酸が3つ結合したペプチドという化合物です。強力な抗酸化作用があるので、人間の身体を錆びつきから守ってくれる代表的な物質です。免疫システムにおいても重要な役割を担っており、アレルギーや喘息などを抑える効果もありますが、一般に20代をピークに加齢とともに減少していきます。

 

グルタチオン療法の副作用はどのようなものがありますか?

極稀に一過性の頭痛や吐き気が出ることがありますが、投与中止によりおさまります。

 

グルタチオン療法はパーキンソン病に効果があるのですか?

グルタチオンは、抗酸化物質のひとつであり、脳を様々な有害物質から守る役割を担っております。パーキンソン病の患者様の脳内では、このグルタチオンが減少していることがわかっており、グルタチオンの点滴により著明に症状が改善した例も多く見られます。しかし、治療効果はさまざまで、劇的な効果が認められる場合も、ほとんど無効である場合もあります。現在、アメリカでは臨床試験が行われています。

 

グルタチオン療法は具体的にどのくらいの頻度で行うものですか?

疾患や目的により異なりますがグルタチオン療法は、週に1〜3回の頻度が理想的です。
1回の所要時間は濃度により異なりますが、高濃度の場合でも30分程度となります(初回は副作用の出現をよく観察するため、もう少しお時間がかかります)。濃度が低い場合は10〜15分程度です。
パーキンソン病の場合、低濃度から始めて徐々に増量、通常は1400〜1600mgを点滴で投与します。この投与量は通常投与量の数10倍になります。頻度は週に2〜3回、約3ヶ月間行います。病状の改善が認められれば、その後は維持プログラムとして週に1〜2回のペースで治療します。パーキンソン病の進行防止の場合は維持プログラムから開始することもあります。有効率は40〜60%で、劇的に効果があるケースからまったく無効である場合もあります。

 

お酒が大好きです。やはりグルタチオン点滴をしたほうがよいですか?

アルコールの解毒というのは、肝臓にとっては「負担のかかる余分な仕事」の一つです。グルタチオンには、肝臓の解毒を助ける働きもあるため肝障害の方や将来の肝障害を少しでも予防する目的でグルタチオン点滴を受けられている方もたくさんいらっしゃいます。

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ