点滴療法脱ステロイド注射

脱ステロイド注射療法

当院の考え方

【現在ステロイド剤を内服・使用中の方】
・急激にやめることは避けてください.
・長期間ステロイドを使用している方は,ゆっくりと減量する必要があります.


・現在使用しているステロイド療法を中心としながら,減量可能かどうか判断する必要があります.

 

【ステロイド剤を内服・使用していない方】
①内服・点鼻薬を使用していない方
保険診療での治療(抗アレルギー剤)をお勧めします.
・内服だけでなく,点鼻薬も効きますので,試してみる必要があります.

 

 

②内服や・点鼻の抗アレルギー剤を使用している方
→症状の改善せず困っている方

抗炎症効果のある注射・点滴(自費)を用います.

当院でできる注射・点滴療法

①肝庇護剤・グルタチオン療法

②ノイロトロピン注射

③ヒストグロビン注射

④プラセンタ療法

⑤血液クレンジング療法

⑥高濃度ビタミンC療法

⑦マイヤーズカクテル療法

⑧各種ビタミン点滴

 

①②は,急性蕁麻疹や慢性蕁麻疹にも用いることがあります.

③④は,人由来の血液製剤であり,③は減感作療法の一つで,非特異的減感作療法と呼ばれ、
アレルゲンに関係なくアレルギーを体質から改善する根本治療.④は美容だけでなく抗炎症効果も期待できます.

⑤⑥は,不要な炎症反応を正常化する働きを持っています.

⑦⑧は,多くのビタミンが配合されており,⑦は,喘息,アトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患に有効である報告があります.また,各種ビタミンは,ビタミンの量によって,アレルギー性疾患を制御しています.

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ