点滴療法脱水・熱中症点滴

脱水・熱中症について


熱中症は、「日射病」と「熱射病」の総称で、
高温や多湿の環境下で起こる身体の障害の総称になります。

 

日射病は、直射日光が起因となる熱中症で、日光に長時間当たることで、大量の汗をかいて脱水症状となり、体温調節中枢の機能が低下し、倦怠、悪心、頭痛、めまいの軽度から、意識障害、けいれんなどの重度の症状がでます。

 

熱射病は、屋内・屋外を問わず、高温多湿な環境下に長時間いたり、作業をしている時に起こります。体温調節機能が破綻することで、日射病と同様に、倦怠、頭痛、めまい、意識障害を伴い、40度以上の高体温となって、生命にかかわることもあります。

 

 

【熱中症にかかりやすい状態】
・体力・免疫力が低下している人
・肥満の人
・暑さに慣れていない人(漢方学的に虚証の人)
・がまん強い人
・高齢の人

 

【熱中症にかかりやすい環境】
・前日に比べて、気温が急に高くなった時
・気温はそれほど高くなくても、湿度が高い時
・アスファルトなどで活動している時(道路工事の現場の人など)
 


熱中症の分類 日本救急医学会

【重症度 I度(軽症)】
・症状 めまい、立ちくらみ、こむら返り、手足のしびれなど 
・対策 水分補給 日陰で休む 安静
・医療機関への受診・・・必要は無し


【重症度 II度(中等症)】
・症状 頭痛、吐き気、体がだるく力が入らない、集中力や判断力の低下 
・対策 水分補給 日陰で休む 安静 体を冷やす 十分な水分と塩分を補給
・医療機関への受診・・・飲めない場合や症状の改善が見られない場合は受診が必要


【重症度 III度(重症)】
・症状 意識障害(呼びかけに対し反応や会話がおかしい)、けいれん、運動障害(普段通りに歩けない) 
・対策 水分補給 日陰で休む
・医療機関への受診・・・救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し入院治療の必要がある

 

 


自分でできる熱中症対策

・直射日光の下で、長時間にわたる活動はさける
・日傘やつばの広い帽子(麦わら帽子)を被る
・こまめに水分補給をする
・吸湿性や通気性の良い服装にする
・扇風機やエアコンを使った温度調整をする(体を冷やす)

【その他】
・高齢者や持病のある方は特に注意
・最も熱くなる7月、8月は要注意
・真夏の車内に子供を置いて買い物やパチンコなどに行くことは、絶対にやめましょう。

当院でできる予防・治療

当院での熱中症に対する治療は2つあります。

1つは内服での治療(保険適応)、2つ目は点滴による予防があります。

 

漢方医療では、熱中症を中暑(チュウショ)と言います。この『中』は、
食中毒の中と同じで、暑さに中(アタ)った疾患という
「暑気あたり」を意味します。

具体的な漢方薬の例として、緊急性がない口渇、頭痛を軽減する主な漢方
処方は「白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)」を用い、
夏ばての倦怠感に清暑益気湯(セイショエッキトウ)などあり、
問診時の症状に合わせて処方します。

 

点滴療法は、自費診療になりますが、標準・強力の点2種類の点滴をご用意しています。

2つの予防治療の共通している点は、「注射」ではなく、「点滴」になり、
また500mlと輸液量が多めになる点です。

体の水分を元に戻すためには十分な量が必要と考えているからです。
また、脱水・熱中症からの回復には、2時間程度のゆっくりとした
休息をとっていただきたいという思いがあるからです。

十分に体力が回復してからの帰宅をお勧めしております。

熱中症の指導 「水」「電解質」「ビタミン」

医師にとって、熱中症の指導の難しい点は、
過ぎたるは及ばざるがごとし」の1点につきます。

 

水の摂りすぎはご注意

ある雑誌で、熱中症対策に、「お水」を多く飲みましょうというとあり、
それを実践するために、「」だけを一生懸命に摂取したとします。

水分を摂取する量が、排泄する量を上回り、血液中のナトリウム濃度が低下した状態になった時、
つまり、医学的には『低ナトリウム血症』といいますが、一般には「水中毒」で知られる状態になっています。

 

症状は意識混濁、頭痛、吐き気・嘔吐など。熱中症に酷似します。
重症化すれば痙攣、昏睡となり死にかかわり、熱中症との区別がつきにくいため、丁寧な診察が必要です。
また、水中毒は、高齢者や持病のある人が起こるのではなく、乳児や激しいスポーツ好きな成人例もなり得ます。

 

透析中の患者さんや慢性心不全のような持病をもつ患者さんでは、臓器の予備能力が低いため、
体内に水分が過剰に蓄積されることで、急性心不全になり、命にかかわります。


​スポーツドリンクの摂りすぎはご注意

ある雑誌で、「水だけでなく、スポーツドリンクも飲んで、電解質を保ちましょう」と言います。
それを実践するために、「スポーツドリンク」だけを一生懸命に摂取したとします。

 

糖尿病の患者さんでは、血液中の血糖が高くなる傾向があります。
このような患者さんでは、スポーツドリンクをたくさん摂取すると
スポーツドリンクに含まれる糖分が蓄積され、高血糖になることで、
意識がなくなり、命の危険にかかわる高血糖高浸透圧症候群が引き起こされます。

 

このような例にもあるように、過剰の摂取は危険であり、何事も中庸が大事と考えます。
必要な摂取量などについては、ご相談ください。


お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ