美容注射白玉点滴

白玉点滴(グルタチオン療法) 白玉点滴とは

当院における白玉点滴とは、「美白・美肌点滴」の一つで、メラニン生成抑制作用、抗酸化作用があるグルタチオンが主成分の点滴のことを指します。

 

そもそも、白玉点滴で使われれるグルタチオンとは一体なんでしょうか?1921年に、イギリスの生化学者のホプキンスによって発見された、自然界に広く分布している化合物がグルタチオンは、次の3つのアミノ酸(グリシン、 システイン、グルタミン酸)が結合してできています。体内で発生した活性酸素を除去(身体のサビ取り)してくれる働きがあり、抗酸化に作用するということで、シミ・そばかすなどのメラミン色素を減らし、さらに、肌にコラーゲンを増やし、シワ・タルミ・肌荒れ・毛穴の収縮などの作用があります。それゆえ、美肌・美白、お肌の老化などのお悩みに効果的です。

 

内服薬として摂取しても、あまり胃腸で吸収されないため、内服薬では十分な効果が期待できないので、消化管を通過しない点滴によって大きな効果を発揮します。また、全身に行き渡らせるのにこの点滴がベストだと考えています。

 

健康で美しいお肌や身体を維持するための体内の働きは、残念ながら20代がピークであり、加齢とともに徐々に衰えていきます。それゆえ、白玉点滴の効果が実感できるのは、20代からになり、40代女性では、さらに減少が進むので、定期的に体内に取り込むことで美肌をキープすることができると考えています。

 

 

日本では、40年ほど前から、白玉注射で使われるグルタチオンを病気治療に用いられ、病気の治療から美容まで幅広く使用されている成分として知られています。

 

 

 

効果効能

グルタチオンの働きは
①高い抗酸化作用による肌のアンチエイジング効果
②メラニン生成の抑制効果(透明感のある明るい肌を作る、身体の中から美白する、肝斑の改善)
③メラニンを作らせないことで美白肌への生まれ変わる(全身を美白する)
④抗酸化作用は、錆びるのを防ぎ、酸化物を排出してくれる
⑤疲労回復
⑥解毒作用

がありますので、具体的な使用目的として、

 

慢性肝疾患における肝機能の改善、

急性湿疹、慢性湿疹、蕁麻疹、肝斑、炎症後の色素沈着の改善、

薬物中毒、アセトン血性嘔吐症(自家中毒)の治療

妊娠悪阻(つわり)、晩期妊娠中毒の改善

角膜損傷の治癒促進

放射線療法による白血球減少症、放射線による口腔粘膜の炎症

 

その他、応用された使用方法として

パーキンソン病

白内障の予防や改善

アレルギー疾患

閉鎖性動脈硬化

線維筋痛症

抗がん剤の末梢神経障害

デトックス

 

もあります。

グルタチオンの副反応、副作用

白玉注射の成分の、グルタチオンにはほとんど副作用はないと言われていますが、まれに次のような副作用を出す人もいるようです。

吐き気、腹部の不快感、発疹、頭痛、咳嗽(喘息を誘発)

 

この副作用はかなり稀で、現在の所、当院における発生事例はございません。

さらに、稀な副作用に、アナフィラキシーショックを出す人がいる場合もありますので、もし受けている最中に体調不良を感じたらすぐに医師・スタッフに伝えてください。

 

【点滴一般的な合併症】

内出血、注入部分に発赤、腫れ、痛み、つっぱり感、熱感、硬結を生じることがあります。

 

 

 

白玉点滴のその他の利用方法

この成分は肝臓の解毒を助けたり、肝機能を改善したりする作用がありますので、お酒をよく飲む人や、二日酔いで苦しんでいる人にも効果的だと言われています。

白玉注射に含まれる成分には、体内でメラトニンの生成を抑制してシミやそばかすを改善し、肌色をトーンアップしてくれる働きがあるだけでなく、肌の新陳代謝を促し、肌の血流を高めてくれます。

 

治療回数 お勧めしている回数

点滴時間:15〜30分点滴

一回のみでは効果の実感が得られにくいため、最初の5週間は、一週間に2回をお勧めしています。合計10回程度終わった後は、患者さんの状態に合わせて1〜3週間に一回など、ご提案させていただいております。

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ