美容内科

ピコレーザー

従来のレーザーがナノ秒(10億分の1)の照射時間に対しピコレーザーはピコ秒(1兆分の1)で照射できるため、今まで取り切れなかったシミ・くすみに対しても肌への負担をほとんどかけずに高い治療効果を発揮します。

その名の通り、ピコレーザーはピコ秒での照射が可能で、照射時間が短くなる分、周囲組織に及ぼすダメージが少なく、肌への負担も軽くなるという特長があります。そのため、照射後に、炎症後色素沈着などを起こしにくいといわれています。

ピコレーザーを照射するので、熱感や痛みを覚える人が多いようですが、輪ゴムで肌を弾かれる感じから、針で刺される感じ、顔の上で花火をされている感じなど、痛みの感じ方はそれぞれです。

ピコレーザーは、しわやニキビ痕、シミなど、幅広い美容分野で活躍し、さまざまな肌トラブルの改善効果が期待できます。

 

 

レーザーの特徴を利用して、3つの照射モードの治療を行うことができます。

  • スポット照射(ピコスポット/ピコショッ/)
    • シミやそばかす、ほくろの改善
       
  • レーザートーニング(ピコトーニング)
    • 肝斑やくすみ、色素沈着の改善
       
  • フラクショナルレーザー(ピコフラクショナル)
    • ニキビ跡や毛穴の開き、小じわの改善

 

 

 

 

「ピコスポット」・・・特徴:短い照射時間

ピコスポットでは、気になる部位にあわせて局所的な照射を行います。高出力のレーザーを用いるものの、ピコ秒という短い間隔で照射するため、肌への熱作用を抑えた治療が可能です。施術中の痛みは小さく、ダウンタイムも薄いかさぶたができる程度で済みます。また、スポットサイズが2mm〜10mmに調節することができるのが特徴で、数の多いシミや複雑な形状のそばかすもピンポイントで照射できます。

 

「ピコフラクショナル」・・・特徴:小さな点状照射

炭酸ガスを用いた従来のフラクショナルレーザーは、皮膚の表面にダメージを与えるため、長期のダウンタイムが懸念されていました。ピコレーザーでは「フォーカスレンズアレイ」という特殊なレンズを装着することができ、これによって、レーザーの光をフラクショナル(点状)に照射することが可能になります。点状に照射することで、皮膚の再生を促すコラーゲンやエラスチンの生成を促進したり、毛穴を引き締めたり、小じわを解消したり、肌トーンを改善したりという効果も期待できます。皮膚の表面にはダメージをほとんど与えないことから、短いダウンタイムで治療を進められます。

 

「ピコトーニング」・・・特徴:低出力照射

ピコトーニングは、医療用レーザーを使用して肌の色ムラやシミの改善を目指す治療です。また、低出力で均一にレーザーを広範囲に照射し、皮膚のメラニン色素を徐々に分解します。全顔への照射により、くすみや色素沈着の改善、トーンアップなどの効果が期待できる照射モードです。また、肝斑は刺激を与えると悪化する性質があり、一般的な高出力レーザーでの治療が困難でした。ピコトーニングは低出力で細かいメラニン色素を除去していくため、肝斑の除去と同時にトーンアップが期待できます。


1回あたりの効果はマイルドなものの、肝斑や炎症性色素沈着にも適応があるのが特徴です。何度も繰り返し施術を受けることで、徐々にシミを目立たなくする効果が期待できます。

 

ダウンタイム

照射モード

 

ピコスポット

即効性が高い反面、ダウンタイムは数日から2週間ほどかかります。シミがなくなった部分が完全に肌の色に馴染むまでには1ヶ月ほどかかるので、イベントなどを控えている場合はダウンタイムも考慮して施術を受けましょう。

ピコトーニング

レーザーの出力が弱い分、肌にダメージが残らずダウンタイムもほとんどありません。そのため、施術当日や術後数日以内に出かける予定がある場合でも、ダウンタイムを気にせず楽しめます。まれに赤みや色素脱失、痒みや発疹を起こす場合がある

ピコフラクショナル

まれに赤みや腫れ、点状出血を起こす場合がある

 

 

施術後、1〜2週間は強い刺激や紫外線に注意しましょう。なお、洗顔やメイク、シャワーは当日から可能です。ただし、肌が敏感な状態になっているため、できるだけ直射日光を避け、患部を強くこすらないようにしてください。

 

ピコレーザーの治療に伴う痛みについて

従来のQスイッチレーザーは、皮膚へダメージを与える時間が長く、照射時に痛みを伴いました。ピコレーザーは照射時間が短いため、施術中は若干の痛みを感じる程度で済み、具体例には、軽く輪ゴムで弾かれたような痛みになります。

痛みが苦手な方は、麻酔クリームの塗布を行いますので、ご相談してください。

肌のお悩みについてまずはご相談ください。 ご希望に添えるよう施術のご案内をさせていただきます。

 

痛み、ダウンタイム、効果には個人差があります。

 

 

ピコレーザーの施術について

ピコレーザーの各種施術メニューは、お客様により適切で良い効果をもたらせる施術ができるよう、カウンセリング後にメニューをご提案させていただいております。

ご希望のメニューがある場合も、カウンセリング時にお伝えくださいますようお願いいたします。

 

当院では、治療開始前、治療経過中において、写真を撮影させていただいております。撮影費用はいただいておりませんが、肌診断の結果を希望される方は、別途肌診断の結果費用が別途(3300円)発生いたします。

 

治療を含め、掲示されている料金はすべて税込です。お支払いには、各種クレジットカード使用できます。

他の部位も承っております。詳しくはお問い合わせください。

 

 

HIFU

作成中

RF

作成中

IPL

作成中

医療脱毛

作成中

特記事項

 

承認医薬品等であることの明示、入手経路等の明示

この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。
国内には同様の機器は存在しないため 医師のライセンス下で個人輸入し使用しています。

 

 

機器の添付文書に掲載している重大な副作用一覧 (ない場合、FDA など承認取得時の内容)

不快感、軽度/中度の痛み、組織紅斑、組織浮腫、完治の遅延、出血、血腫、組織火傷、水疱形成、治療部の過敏、組織の炎症、組織感染、色素沈着、色素低下、知覚異常、ヘモシデリン染色、組織懐死、潰瘍、傷跡(肥大、萎縮 )


※他、Qswitched 機器により可能である副作用:血管塞栓 ,アレルギー反応
※Tattoo からの色素またはレーザー治療から可能である副作用:コンパートメント症候群、tattoo赤色相の暗化

 

国内の承認医薬品等の有無の明示

本治療に使用できる同一の性能を有する他の国内承認医療機器はありません。

 

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-791-7528
受付時間火・木―日 09:00〜18:00
ご相談・お問い合わせ