アレルギー検査・予防接種その他の予防

肺炎球菌のワクチン接種

ワクチンは2種類ありますが、当院ではいずれも自費診療で行っています。

65歳未満の方や、過去に肺炎予防接種を受けて5年以上が経過し再接種をご希望の場合の方にお勧めしています。

自由診療にあたり一部公費負担の対象外となります。 


定期予防接種ワクチンの効果
肺炎球菌には93種類以上の型があり、現在使われている肺炎予防接種のワクチンでは23種類の型に対して免疫をつけることができます。 1回の接種で23種の型ほとんどに対し、有効レベル以上の免疫ができます。
この免疫は持続して約5年続きます。5年目以降も効果は残っています。個人差があり長い人は8〜10年抗体がもつ方もあります。

肺炎予防接種後に、注射部位の腫れ、痛み、ときに軽い熱がみられることがありますが、日常生活に差し支えるほどのものではありません。数日で消失します。

 

65歳以上の5歳毎の方を対象に、肺炎球菌ワクチンが推奨されております。
当院では、肺炎球菌ワクチンの接種が可能ですが事前に予約が必要です。


「プレベナー13」
ニューモバックス単独だけでは、8−10年で効果が消失されることが報告されており、当院では、肺炎球菌による予防をさらに強化する目的で、肺炎球菌ワクチン「プレベナー13」の追加接種を推奨しています。
このプレベナー13単独だけでも、国の制度「定期予防接種」で使用されるワクチン「ニューモバックスNP」より長期的な効果が見込まれております。患者様のご希望があり、接種可能と医師が判断できた場合に自費接種となります。(接種料金10,800円) 予約制ですので、ご希望の場合は必ずお電話(092-292-6639)でご連絡ください。

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ