一般内科

一般内科外来

一般内科で対象となる症状は以下のとおりとなります。

  • 咳 熱 鼻水 喉が痛い 頭が痛いなど風邪症状
  • お腹が痛い 下痢 便秘など腹部症状
  • 体や手足の冷え むくみ 背中や胸が痛い 疲れやすい 口渇がある
  • 残尿感がある 頻尿など

 

何かの疾患の兆候として現れている症状なのかどうか心配に思われることがありましたら、

お気軽にご相談ください。

生活習慣病外来


生活習慣病の主な疾患は、

高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、耐糖能異常(糖尿病)および肥満になります。

生活習慣病がある方は、メタボリック症候群、睡眠時無呼吸症候群、痛風発作を合併しやすく

疾患のコントロール(治療)がなされていないと

不整脈・心不全・心筋梗塞・脳梗塞へと大きな合併症につながります。

 


当院の生活習慣病の基本方針

 

① まず食事や運動習慣の改善を中心に行います。

② ①の改善が認めない時には内服療法の開始となります。

③ 定期的な採血(空腹時採血)を行うことで

  薬剤による臓器障害が無いことの確認をし、内服が効いているかの確認、次に今後の治療方針を決定していきます。


高血圧・高血圧症


高血圧のリスク

高血圧は脳出血と脳梗塞に共通の最大の危険因子で

研究では、

収縮期血圧160mmHg以上の患者の脳梗塞の発症リスクは3.46倍、

拡張期血圧95mmHg以上では3.18倍と報告されています。

 

医療機関では血圧が高くなる患者さんが多いので、

当院では家庭血圧を付けるようにお願しています。


当院の特徴


 

当院では、両腕の血圧を同時に測定する器械を用いて測定を行います。

左右の血圧の差(血圧較差)が20mmHg以上ある場合は、

動脈硬化による血管のつまりが

どちらかの心臓から腕の間に存在すると報告されています。

 

臥位(寝ている状態)で測定する検査もありますが

通常は、診察室で座った状態で血圧測定を行います。


両腕の血圧較差の報告

 

1802例の両腕の血圧較差の測定を行い報告した結果になります。

血圧較差≥10mmHg以上の患者さんはさん、全体の14.6%いましたが

血圧較差≥20mmHg以上の患者は、全体の1.3%でした。

血圧較差≥20mmHg以上の患者の精密検査まで行いましたが

有意な狭窄は認められず大事に至りませんでした。

収縮期血圧(右−左),mmHg
収縮期血圧(右−左),mmHg

脂質異常症・高脂血症

高脂血症?脂質異常症?

以前は高脂血症と言われていましたが、

最近では、あまり使わない言葉となりました。

 

どうしてかと言えば、

特定疾患健診(メタボ健診)で善玉コレステロール(HDL-C)が必須になり、

善玉コレステロールが低い時にも、脂質の異常と定義されるようになったからです。

HDL-Cが「低く」て異常としているのに、「高脂」血症とするのには無理が出てきたからです。

 

そこで

脂質代謝異常という言葉を用いることで

高脂血症を含めた用語が使われるようになりました。

 

脂質異常症の原因

脂質異常症には、

遺伝的要因からなる脂質異常症と

主に食生活(暴食・過食・偏食)などの乱れによる生活習慣病由来の脂質異常症があります。

大部分の脂質異常症は、生活習慣病が原因になります。

 

遺伝性については、内服治療が対象となることが多いのですが

生活習慣病は、食生活の是正・運動習慣を取り入れることによって改善することが見込めます。

耐糖能異常・糖尿病

糖尿病

糖尿病の9割が生活習慣病がきっかけとなった
2型の糖尿病です。

当院では、内服治療およびインスリン注射のどちらも治療しております。

 

その他の生活習慣病

高尿酸血症

高尿酸血症とは、血液中の尿酸値が高い疾患を指します。

高尿酸血症の持続が続けば「痛風」になります。

 

痛風発作になると、「風が吹いても痛い」というように

劇的な痛みで慌てて病院を受診する患者さんがいらっしゃいます。

 

話を聞いてみると

よく足の親指の疼き(うずき)があったということを聞きますが、

大きな関節(肘・膝など)の疼きを自覚している患者さんが多いです。

 

尿酸値の高い方は、経験したことがあるかと思います。

心当たりのある方は、尿酸値が上がらない食生活に気を付け、

運動する前や寝る前には、血がドロドロにならないように

しっかり水分の補給を行ってください。

睡眠時無呼吸症候群

SASの検査機器
SASの検査機器

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)

 

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が止まる、または浅く・弱くなることにより日常生活に様々な障害を引き起こす疾患です。

「いびきがひどい」「昼間の眠気が強い」「しっかり寝ているのに疲れを感じる」「朝なかなか起きられない」などの症状のある方は、

睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

 

ご自宅に小さな検査機器を持ち帰っていただき装着していただくだけでできる簡易検査になります。

予約制となっておりますので、検査をご希望の方はお電話にてご予約下さい。

 

Q.睡眠時無呼吸症候群(SAS)ってどんな病気?

 一般的にSASの重症度はAHI(Apnea Hypopnea Index)無呼吸低呼吸指数で表します。AHIとは1時間に10秒以上の無呼吸・低呼吸(呼吸が浅く・弱くなる状態)が発生する回数を示すものです。

AHIが5回以上認められ、日中の眠気などの症状がある場合に、AHI15回以上では症状がなくてもSASと診断されます。ポリソムノグラフィー(PSG)ではAHI 20以上で、当院で実施している簡易検査ではAHI40以上が保険適応となります。

 

閉塞性の睡眠時無呼吸は、肥満により増えた喉の脂肪や、喉の筋肉が緩んで落ち込んだ舌の付け根が空気の通り道(気道)をふさぐことで起こります。

睡眠時無呼吸があると熟睡できずに不眠になったり、昼間に眠くなったりすることが多くなり、重度の睡眠時無呼吸がある場合には交通事故を引き起こす危険性は高くなりやすいとも言われています。また無呼吸があると心臓や血管に負担がかかるため、脳梗塞などの脳血管障害、心臓病などのリスクも高くなり、突然死をも引き起こす可能性があります。

 

 

<SASの主な症状>

● 夜間の症状

いびきがうるさい、呼吸が止まっている、寝汗を描く、寝相が悪い、何度もトイレに起きる・・・

無呼吸の間いびきが止まり、あえぐような激しい呼吸や大きないびきとともに呼吸が再開するという特徴があります。あえぐような呼吸をするため、寝汗をかいたり寝相が悪くなります。また、夜中に何度もトイレに起きるなどの症状があります。

● 昼間の症状

倦怠感や頭が重い・・・

呼吸が止まっている間は、酸素欠乏状態にあるため起床時に頭の重さを感じることがあります。体を休めるための睡眠で酸素欠乏状態になるので、全身の倦怠感や不眠につながります。

日中の眠気・・・

SASは無呼吸状態から呼吸を再開するたびに脳が覚醒するた睡眠が分断されます。本人に目が覚めた自覚はないのですが、深い睡眠が得られておらず、きちんと睡眠をとったつもりなのに実はこま切れ状態に陥っているのです。

 

<SASの合併症>

● 認知機能のリスク

交通事故/集中力・記憶力の低下/日中の眠気/仕事効率の低下/うつ・ストレス/小児では発達障害・成績の低下

● 脳・心臓血管系のリスク

脳・心血管障害/高血圧/肥満/糖尿病/多血症/不整脈/狭心症/心筋梗塞/心不全/逆流性食道炎/頻尿/EDなど

 

 


<睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査・治療の流れ>

● 検査の方法(簡易検査)

診察

↓ 適応があると判断された場合、当院より検査会社に連絡し、SASの検査機器を予約します。

簡易検査

 ①検査会社より自宅配送または当院に取りに来ていただきます。
 ②配送された検査機器に付随されている説明書に従って機器を付けます。
 ③いつも通りの就寝してください。
 ④翌日、検査会社へ郵送するか、検査機器を当院へ返却していただきます。

結果説明

当院にてデータを解析して結果をお伝えいたします。(1週間くらいで結果がでます)結果によっては詳しい検査のために、精密検査(PSG検査)ができる病院にて一泊入院検査を行っていただくことがあります。

治療開始

CPAP(シーパップ)療法(持続陽圧呼吸療法)はCPAP装置からホース、マスクを介して処方された空気を気道に送り、常に圧力をかけて気道が塞がらないようにします。この療法を適切に行うことで睡眠中の無呼吸やいびきが減少し、SASによる症状の改善が期待されます。CPAPは治療効果が高い治療法です。またSASが原因で血圧が上昇している場合においては、降圧(血圧を下げる)効果の報告もあります。

定期受診(月1回)

毎日使用していただいているCPAPのデータを解析し問題がないか診察を行います。

 

<睡眠時無呼吸症候群のアドバイス>

睡眠時無呼吸症候群は肥満傾向にある40歳〜60歳の男性に多く、女性では閉経後に増加していきます。

しかし、肥満だけでなくても他の症状が重なることによってSASが発症します。顎の小さい方や、睡眠薬や抗てんかん薬の服用により症状が出る方もいらっしゃいます。

日本人は、肥満の程度が低くても顔面の形態的問題からSASを発症しやすい人種と言われています。

また、集中力・記憶力の低下は交通事故などの原因ともなります。重度の睡眠時無呼吸症候群がある場合は交通事故を引き起こす危険性は高くなってしまいます。

ご自分の健康はもちろん、ご家族や社会のためにも、自覚症状のある方は検査を受け適用がある場合は、治療を行っていきましょう。


漢方外来

一般的な漢方医療を行っております。

当院では、西洋医学の視点(領域)を補完する目的で
東洋医学の考え方を採用
しています。

 

例えば、
「冷え症」は東洋医学的考えで対応ができますが、
西洋医学では、冷え症に対する考え方が無く
英語圏での訳としては「poor circulation(乏しい循環)」の状態となっています。
「冷え症」は疾患ではなく状態として認識されています。

 

同様に、西洋医学だけしか信じない医師の場合では、
その患者さんの訴えを「不定愁訴」として認識されることになります。

 

西洋医学、東洋医学どちらも長所・短所がありますので
当院では、その患者さんにあった最適な内服を提案し処方しております。

 

漢方外来では、特に「冷え症」にお困りの方

 


冷え症外来へ

お電話でも予約・お問い合わせ承ります
092-292-6639
受付時間火・木―日 10:00〜19:00
ご相談・お問い合わせ